追悼 藤井大誠さん

 スーパーロボット大戦シリーズプロデューサー、寺田です。

 10月12日にスーパーロボット大戦シリーズで長年お仕事をしていただいたデザイナーの藤井大誠さんがご逝去されました。

 私と藤井さんの最初の仕事はGB「第2次スーパーロボット大戦G」(1995年)で、パッケージイラストとロボットのSD原画を担当していただきました。そこから現在に至るまでの長いお付き合いで、最新作である「スーパーロボット大戦30」のキービジュアルや、「スーパーロボット大戦OG展」のSDキービジュアルも藤井さんが手掛けておられます。近年ですと「スーパーロボット大戦V」、「スーパーロボット大戦X」、「スーパーロボット大戦T」の通常版キービジュアルも描いておられたので、藤井さんのイラストに見覚えのある方も多いのではないかと思います。

 また、キービジュアルだけでなく、ゲームで使用するロボットの原画(線画)も昔から担当していただいておりました(「スパロボ30」ではフルアーマー百式改などです)。さらに、オリジナルメカもデザインしていたただいていて、古くはゲストというオリジナル敵組織のメカ、「スーパーロボット大戦64」や「スーパーロボット大戦A」などのオリジナル主人公メカ、さらに「スーパーロボット大戦R」や「スーパーロボット大戦D」のラスボスなど枚挙に暇がありません。

 あくまでも個人的にですが……藤井さんがデザインに携わった、またはデザインした代表的なオリジナルロボットはソウルゲイン、ヴァイサーガ、ASソレアレス&ASアレグリアス、ビュードリファーだと思っております(もちろん、異論はあると思います)。基本的には無骨なメカがお得意でしたが、ファートゥムやトゥルークのような不気味なデザインもこなせる方でした。

 藤井さんは丁寧な仕事をされる方で手も早く、時には自発的にデザインを上げていただいたこともありました。「スーパーロボット大戦OG展」で展示されているソウルゲインやアシュセイヴァーなどのコックピット内部設定などがそうです。

 藤井さんとはお互いに新人の頃から仕事をしてきたこともあり、戦友とも呼べる存在でした。また、スーパーロボット大戦の作り手側の一人でありながらも熱心なファンでいらっしゃり、新作が出る度にプレイしておられました。さらに、私が生スパロボチャンネルに出演した時は毎回丁寧なご感想をいただいておりました。それだけにご逝去は大変残念です。無念です。これからもお仕事をお願いしようと思っていたのですが、「スーパーロボット大戦30」と「スーパーロボット大戦OG展」のキービジュアルがご遺作となってしまいました。

 藤井さん、本当に長い間ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。藤井さんの魂は「ソウル」ゲインにも込められていると思い、私は今後も頑張っていきたいと思います。

 最後に、藤井大誠さんのご冥福を心よりお祈り致します。

寺田貴信 スーパーロボット大戦シリーズスタッフ一同

スーパーロボット大戦OG展、開催中!

 

ご無沙汰しております。寺田です。

さて、8月27日より西武渋谷店モヴィーダ館7F特設会場にて、「スーパーロボット大戦OG展」が開催されています。詳細については下記をご参照下さい。

スーパーロボット大戦OG展 公式サイト (hakabanogarou.jp)

会場の中はこのような感じで、歴代のスーパーロボット大戦に登場したオリジナル主人公メカと主人公キャラクターの設定資料画を展示しております。全てのオリジナルメカやキャラを……となると、とんでもない量(30年分)となりますので、主人公関連の資料に絞りました。

会場で展示する設定資料の一部は、開催期間中に入れ替えを予定しておりまして、前期は主に2000年代前半ぐらいまでのスパロボに登場した物が中心となっています。後期はそれ以降、「第3次α」あたりから「スパロボT」までの主人公メカ&キャラの設定資料を展示する予定です。東京会場ですと、9月12日から後期となります。なお、「スーパーロボット大戦OG展」という名ではありますが、スパロボOGに出ていない近年のスパロボのオリジナル主人公メカとキャラクターの設定資料も展示しております。なので、展示されている物の全てが今後のスパロボOGシリーズに登場するというわけではございません。また、前期と後期を通じて展示されている物もあります。

スパロボOGの設定資料を管理しているのは私自身でして(他のスタッフが管理している物もありますが)、通常のスパロボ開発業務と並行して展示会用の資料の準備と監修をやっておりました。ただ、ロボットやキャラのデザインをしたのは私ではなく、多くのクリエイターさん達ですので、その方々あっての展示会です。

また、会場にはスパロボOG関連商品もいくつか展示しております。さらに、スパロボOG展のグッズも会場で販売しております。

グッズは私の想像を軽く上回る点数で監修が大変でしたが、こういう機会でないと実現しない物もあります(初めて商品化されるメカやキャラもいくつか……)。個人的な一押しグッズは「それも私だ」Tシャツです。この台詞を書いた私としてはやや釈然しなかったので、いったんNGにすると決めました。しかし、「私ではこのグッズを発案できない。もしかしたら、欲しいと思う方がいるかも知れない」と考え直してOKを出したのは「それも私だぁぁぁぁぁぁ…………!!」

さて、「スーパーロボット大戦OG展」は東京会場のみならず、10月には大阪、12月には札幌、1月には福岡での開催も予定しております。どうぞお楽しみに!

プラモデル HGアルトアイゼン 発売決定!

おはようございます。寺田です。

 

先日、プラモデルのHGサイバスターが発売されましたが……おかげさまでユーザーの皆様からご好評をいただき、第2弾の発売が決定しました。スーパーロボット大戦シリーズでは古参のオリジナルロボットであり、スーパーロボット大戦COMPACT2やスーパーロボット大戦IMPACT、スーパーロボット大戦O Gでも活躍したアルトアイゼンです。

頭部や腰後部スカートなどを見て、お気付きの方がいらっしゃると思いますが、HGアルトアイゼンはTVアニメ「スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター」版……すなわち、大張正己氏版です。

以上が大張氏版アルトアイゼンの設定画ですが、細かい所がバリってます。パッと見た感じは斉藤和衛氏のオリジナルデザインと似ているのですが、主に頭部や腰部、全身のバランスが異なります。BANDAI SPIRITSホビーディビジョンの生賴さんからスパロボOGのHG第2弾をアルトアイゼンにしたいというお話をいただいた時、大張氏版でと私からお願いしました。アルトアイゼンもサイバスターと同じく、これまでに何度も商品化されており、様々なバリエーションがありますが、大張氏版アルトアイゼンがプラモデルになるのは初めてですので。

 

実は、この大張氏版アルトアイゼンのバランスを立体で再現するのが難しく、試行錯誤したと聞いております。オリジナルのアルトアイゼンは重厚な感じなのですが、大張氏版にはどこかスマートなイメージもあり、相反する要素を活かさなければならないからです。私は図面や出力された光造形でチェックしましたが、大幅な修正要望は出していません。それは、私の所へ監修物が送られて来るまでにスタッフさん達が苦心されたからだと思います。おそらく、大変だったのは可動部分……元々のアルトアイゼンはフィギュアやプラモデルにした場合、可動範囲が狭くなりがちで、大張氏にリデザインしていただいた時もその点の改良をお願いしましたが、それでも本来のデザインを活かすとなると難しい所がいくつかあります。しかも、バリメカになった以上、バリっぽいポーズが決まらなければなりません。

そこはさすがのBANDAI SPIRITSホビーディビジョンさんで、ご覧の通りのポーズが取れます。写真ではちょっとわかりにくいのですが、上半身は前傾が可能ですし、腰も左右に捻れます。膝もきっちり曲がります。動かなさそうに見える肩も動きます。

よく見ると腰のサイドアーマーに設定画にない穴が……BANDAI SPIRITSホビーディビジョンさんの他シリーズ商品で、穴のサイズが合うミサイル・ランチャーなどを取り付けると面白いのでは、と思っております。

ギミックとしては、リボルビング・ステークのシリンダー(弾倉)の回転及びスイングアウトと……

肩部のスクエア・クレイモアのハッチ開放が挙げられます。なお、ディスプレイ用の台座も同梱されています。キットのサイズはHGサイバスターよりやや小さい感じですが、ご覧の通り肩が大きい機体なので、ボリューム感があります。

 

HGアルトアイゼンは現在も開発中で、私も監修を続けていますが、その過程で可動部分の構造が大幅に改良されたりと、仕上がりが楽しみなアイテムです。

 

価格は4,400円(税込)、2021年12月発売予定です。是非、ご予約の上、ご購入下さいませ。

 

https://bandai-hobby.net/item/4569/

↑HGアルトアイゼン商品ページへのリンクです。

 

最後に……HGサイバスターを監修している時、「はたして、次はあるのか?」と思っておりましたが、ユーザーの皆さんのご声援や開発関係者各位の熱意で、第2弾を送り出せるまでに至りました。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。HGアルトアイゼンもHGサイバスター同様、何卒宜しくお願い致します!

 

家庭用最新作「スーパーロボット大戦30」!!

 

お久しぶりです。スーパーロボット大戦シリーズプロデューサーの寺田です。

さて、既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、スーパーロボット大戦30周年記念作品である「スーパーロボット大戦30 (サーティ)」の先出し情報が公開されました。

かねてから私が生スパロボチャンネルなどで、「スパロボ30周年関連の準備は進めている」、「その情報公開は後々になる」と申し上げていたタイトルこそ、この「スーパーロボット大戦30」……久々の家庭用スパロボです。Nintendo Switch版、PlayStation4版、STEAM版で2021年に発売予定です。

タイトルの由来ですが、上述しました通り、スーパーロボット大戦30周年記念作品なので直球のネーミングである「スーパーロボット大戦30」にしました。30周年の「30」です。その題字は、永井豪先生に書いていただいています。日本のスーパーロボットの代表的な存在……人間が搭乗し、操縦するスーパーロボットの元祖で、長い歴史を持つマジンガーZの生みの親である永井先生に30周年記念ということでお願いしました。極論かも知れませんが、マジンガーZがこの世に生まれ出たからこそ、スーパーロボット大戦というゲームが誕生したわけで……それ以外の理由はございません。

今回公開されたティザーPVでは一部の参戦作品しか公開しておりませんが、他にどのようなロボットアニメ作品が出るかなど、追加情報は7月11日に開催される「スーパーロボット大戦 鋼の超感謝祭2021」にて発表します。詳細については、以下をご覧下さい。

https://www.suparobo.jp/topics/2021/30th.html

また、超感謝祭ではスマホアプリ「スーパーロボット大戦DD」の最新情報も公開致しますので、どうぞお楽しみに!

スーパーロボット大戦は30歳になりました

ご無沙汰しております。寺田です。

30年前の本日(4月20日)、第1作目の「スーパーロボット大戦」が発売されました。本来はその後の「第4次スーパーロボット大戦」でシリーズを完結する予定だったのですが、ユーザーの皆様のご愛顧のおかげで、そこから現在に至るまで続けることが出来ました。この場を借りまして、関係者各位を含む皆様に厚く御礼申し上げます。

私の業務経歴はスパロボとほぼ同じなので、「もう30年も働いたか……」という想いです。かつては「20年続けたら、一区切りかな」と思っておりましたが、そこからさらに10年が過ぎました。状況も立場も色々と変わりましたが、ロボットアニメというコンテンツ全般に多少なりとも貢献できたのあれば幸いです。

さて、「スーパーロボット大戦」は時代の移り変わりと共に、様々なゲームハードでリリースしておりまして、現在はスマホアプリの「スーパーロボット大戦DD」を配信中です。また、今週末の4月23日(金)21時から、「生スパロボチャンネル アプリ版深夜拡大SP」を配信する予定です。

その番組の第1部では「スーパーロボット大戦DD」の情報とシリーズ関連商品を紹介致しますが、第2部では昨年12月の「スパロボ夜話EX」で望外のご好評をいただいた「新スーパーロボット大戦」の実況プレイの続きを行います(続行希望が大変多かったため、実現しました。ありがとうございました)。実は同作は今年で25周年でして、後輩かつ盟友である森住惣一郎氏と昔話を交えつつ、プレイをするつもりです……ってやんでい。シビレルゥゥ。

かつて「新スーパーロボット大戦」をプレイされた方も、そうでない方も深夜までお付き合い可能でしたら、是非ご覧下さい。実況プレイにはいまいち自信がないのですが、開発当事者ならではのトークが出来ると思います。どうかお楽しみに!

プラモデル HGサイバスター発売決定!!

 お久しぶりです。寺田です。

 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私はプラモデルやトイが好きでして……特にロボットのプラモデルとはガンプラ以前からの付き合いです。就職活動ではバンダイさんのトイやプラモデル関連部署を志望しておりましたが叶わず、結果的にスーパーロボット大戦のプロデューサーになりました(嫌々ながら、そうなったわけではありません。念のため)

 さて、これまでスーパーロボット大戦のオリジナルメカは色々なメーカーさんによって商品化されて参りましたが、ついに! ついに BANDAI SPIRITSホビー事業部さんからサイバスターのプラモデルが発売されることになりました!!

 これです。HG(ハイグレード)です。学生時代にHG第1弾のプラモデルを買いましたが、それから長い時が経ち、そのブランドを冠する商品の開発に関われるとは感無量です。BANDAI SPIRITSホビー事業部さんからこのスパログでも何度か取り上げて欲しいというご依頼がありまして、まずはその第1回目です。

 実はこのHGサイバスター、誕生のきっかけとなったのはWEB配信番組の「生スパロボチャンネル」なのです。番組内にスーパーロボット大戦関連商品紹介コーナーがありまして、そこにカードゲームのOGクルセイドを担当しておられた戸澗さんと、BANDAI SPIRITSホビー事業部の生頼さんにご出演いただいておりました。戸澗さんは今、ホビー事業部さんにおられるのですが……数年前、生頼さんとご一緒に「スーパーロボット大戦OG」のプラモデルを企画したいというご相談がありました。その後、生頼さんが実際に事を進められ、現在に至るというわけなのです。

 サイバスターは30年近い歴史を持つ古参のスーパーロボット大戦オリジナルメカであり、スパロボシリーズへの登場回数は(おそらく)最多。昨今では「スパロボX」、「スパロボX‐Ω」、「スパロボDD」にも出ているということと、今年がスーパーロボット大戦30周年であることを踏まえてプラモデル化が決定しました。写真を見てお気付きの方がいらっしゃるかも知れませんが、今回の(素の)サイバスターは「スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神」版で、実は初めての商品化となります。サイバスターには色々なバリエーションがあり、「魔装機神」版は比較的マッシブなのですが、頭部はシャープで特徴的です。今回のプラモデルでもそこが再現されています。

 サイバスターは立体化すると可動範囲にそこそこ制限があるのですが、設計が秀逸なこともあり、ご覧の通りよく動きます。また、デザインの都合上、フィギュアやプラモデルにするとバランスがちょっと悪くなるため、ポージングに気を遣います。しかし、HGサイバスターは主翼など尖っている部分が薄くて軽く、ポーズをスムーズに決められます。実際に試作の原型やテストショットを見せてもらったのですが、胴体内部などの関節がかなり凄いことになっていまして、これについては別の機会に語りたいと思います。また、前述した通り、サイバスターは尖っている部分が多いのですが、生頼さんや設計担当の濱田さんに打ち合わせで直談判し、設計図を見ながらギリギリまで再現していただきました。また、パーツの成形色にもこだわっていただき、組み立てるだけでサイバスターのカラーリングを表現できます。

 そして、HGサイバスターは空中巡航形態であるサイバードに差し替えで変形できます。さらにそのディスプレイ用台座が付き、ディスカッターとハイファミリアが2つ(こちらも台座付き)が付属します。

 ちなみにHGサイバスターのサイズなんですが、主翼を含め、あくまで寺田比で1/100 MG(マスターグレード)のスタンダードなプラモデルと同じぐらいのボリュームがあると思います。

 この仕様でお値段が4,400円(税込み10%)! 2021年6月発売予定です。是非、ご予約の上でご購入下さいませ。

https://bandai-hobby.net/item/4371/
↑HGサイバスター商品ページへのリンクです。

 それでは、また。

スパロボゆく年くる年

 2020年は今回を入れてスパログを2回しか更新していなかった寺田です。そして、今年の締めくくりとして、毎年恒例の「スパロボゆく年くる年」をお送りします。

 2020年の頭にNintendo Switch&STEAM版「スーパーロボット大戦X」を発売し、その後、「スーパーロボット大戦X‐Ω」は5周年を、「スーパーロボット大戦DD」は1周年を迎えました。今年も色々とご支援いただき、改めて御礼申し上げます。

 そして、スーパーロボット大戦シリーズは2021年に30歳となるわけですが、25周年からの5年は個人的にかなり長く感じられました。それはスパロボV、X、Tという連作、そしてX‐ΩやDDという運営型アプリに携わっていたからだと思います。

 30周年関連の情報展開は、年が明けてからすぐにいうわけではありませんが、どうか気長にお待ち下さいませ。

 それでは、本年も皆様には大変お世話になりました。来年もスーパーロボット大戦共々、何卒よろしくお願い申し上げます!

11月11日恒例のログインボーナス

 このスパログでは大変ご無沙汰しております。寺田です。何と、去年の「スパロボゆく年くる年」から更新していませんでした……。誠に申し訳ありません。

 さて、本日11月11日は、スパロボユーザーの方にとってお馴染みのオリジナル主人公の特殊誕生日であり、私の誕生日でもあります。SNSでも皆様からお祝いのコメントをいただいており、誠にありがとうございます。Twitterはやってませんが、生スパロボチャンネルの配信の後などリアルタイム検索で見てはおります。

 そして、今年の11月11日も「スーパーロボット大戦X‐Ω」と「スーパーロボット大戦DD」でログインボーナスを実施することになりました。

【スーパーロボット大戦X‐Ω】

 開催期間:2020年11月11日0:00~11月20日23:59まで

【スーパーロボット大戦DD】

 開催期間:2020年11月11日0:00~11月21日23:59まで

 「X‐Ω」と「DD」はそれぞれ開催期間が異なりますので、ご注意下さい。プレゼントやボーナスの内容については、それぞれのタイトルにログインしていただいて、お知らせをご覧下さい。

 話は変わりますが、先日配信した「第2次スパロボ夜話」は、月曜の夜にも関わらず、かなりの反響をいただきました。ありがとうございました。おそらく、次もやることになると思いますが、私が「あれ」を実況プレイできるかどうかは、今後の調整と準備次第です。気長にお待ち下さいませ。

 ではでは。

 

スパロボゆく年くる年

 毎年恒例の「スパロボゆく年くる年」です。

 2019年のスパロボ関連の主なトピックは、「スーパーロボット大戦T」発売、「スーパーロボット大戦DD」配信開始、「スーパーロボット大戦X‐Ω」4周年、Nintendo Switch&Steam版「スーパーロボット大戦V」発売でした。

 2019年の個人的なトピックは……50歳になった、ダイエットした、病気がいくつか治った、大張正己さんご本人がスパロボに出た、アムロがマジンガーZに乗った、アストラナガンとガンレオンが久しぶりに世に出た、です。20年前の私に「大張さんが実写でスパロボに出る」、「アストラナガンとアイドルさん達が共演する」と言っても、信じなかったでしょうね(笑)。どちらも楽しい仕事でした。

 さて、2020年ですが……皆さんのおかげで、スーパーロボット大戦は何とか29年目まで漕ぎ着けられそうなので、30年目を目指して頑張りたいと思っております。あと、年明けの1月10日にNintendo Switch&STEAM版「スーパーロボット大戦X」が発売されますので、よろしくお願い致します。

 それでは、本年も皆様には大変お世話になりました。来年もスーパーロボット大戦共々、何卒よろしくお願い申し上げます!

追悼 井上真樹夫さん

 先日、声優の井上真樹夫さんが逝去されました。

 井上さんにはスーパーロボット大戦シリーズ初期からご出演いただいており、最初に収録したのは「新スーパーロボット大戦」のピート・リチャードソン(大空魔竜ガイキング)でした。

 その頃のエピソードでよく覚えているのは、ジャック・キング(ゲッターロボ)を録った時のことです。古参のユーザーの方はご存知だと思いますが、初期スパロボのジャックはアレンジが入っておりまして……井上さんは「こんなキャラだったっけ?」と仰りつつも、ノリノリで演じて下さいました。

 その後、神宮寺力(勇者ライディーン)、スレッガー・ロウ(機動戦士ガンダム)、アイザム(闘将ダイモス)などを演じていただき、誠に残念ながら最後となってしまったのは、今年発売した「スーパーロボット大戦T」のキャプテンハーロック(わが青春のアルカディア 無限軌道SSX)でした。

 「スーパーロボット大戦T」への「わが青春のアルカディア 無限軌道SSX」参戦が決まった時、懸念点として最初に挙がったのはハーロックの声をどうするかということでした。

 もちろん、アニメ版の「宇宙海賊キャプテンハーロック」、劇場アニメの「銀河鉄道999」、「わが青春のアルカディア」をリアルタイムで観た私としては井上真樹夫さん一択だったのですが、その時点で80歳近いご高齢ということもあり、我々の仕事を引き受けていただけるかどうか不明でした(スパロボの収録は戦闘時の音声がメインですので……)

 即日、私は井上真樹夫さんの所属事務所である青二プロダクションさんに連絡し、ご出演をオファーした所、ご本人に確認してみるというお返事をもらいました。

 その結果、「スーパーロボット大戦T」にご出演いただけることになり、収録を行いました。井上さんは物凄く拘ってハーロックを演じておられ、こちらからOKを出した台詞を自らリテイクされるなど、ご年齢を感じさせないお仕事ぶりでした。そして、収録後に井上さんから「この歳になって、またハーロックを演じられるとは思っていなかった。ありがとう」という旨のお言葉を頂戴致しました。

 余談ですが、ハーロックの相棒であるトチロー役の富山敬さんは既に亡くなられておられるため、山寺宏一さんに代役をお願いしたのですが……その収録前に「ハーロックは誰が?」と聞かれ、「井上真樹夫さんです」とお答えした所、「おお!」と喜んでおられました。

 井上真樹夫さんの訃報を聞いて、青二プロダクションさんに問い合わせた所、井上さんが公式なお仕事としてキャラクターを演じられたのは「スーパーロボット大戦T」が最後だそうで……私は井上さんのハーロックの最後の演技に立ち会った人間となってしまいました。

 井上真樹夫さんのファン、そして井上さんが演じられたハーロックのファンの方は多数おられると思いますが、少しでも井上さんのお仕事ぶりをお伝えしたいと考え、こうしてスパログを執筆しました。

 最後に、井上真樹夫さんのご冥福を心よりお祈り致します。