進め!

斎藤アイコン

とても素敵なパーティーに行ってきました!

嶋崎さんを送り出す会とでもいいましょうか…

沢山の写真が並び、学生時代の映像や卒業制作を拝見しました。

嶋崎さんを想う沢山の方々の想いでうめつくされていて、
そこはまさに「嶋崎さんワールド」

“進め!”の続きを読む

東京、ベイエリアにて

 おはようございます。寺田です。

 昨日、嶋崎さんの追悼会がありました。会の名前は「神! 嶋崎直登
誕生会」。

 何故、そういう名称になったかと言うと、神道では亡くなると「一家の
守り神」になるそうです。そして、そこには嶋崎さんと知り合った人達の
守り神にも勝手になってくれるとあろうというご遺族の意志が込められて
いるのです。

 スパロボ関係者で誰がいて、何があったかは他の方達が説明してくれる
でしょうから、ここでは敢えて書きません。

 ただ、終始和やかな雰囲気で、笑いあり涙ありの会でした。そして、
嶋崎さんが作ってくれた人の輪を改めて認識しました。

 みんなが自然に笑い、嶋崎さんの思い出話をする。もちろん、寂しさや
悲しさもありましたが、笑っていることの方が多かったと思います。

 追悼会なのに、不思議な感じでした。まるで嶋崎さんが会場のどこかに
いるような……そんな感じでした。

 

永遠のプリンス

 こんばんは。寺田です。

 表題を見て何事かと思われる方もいらっしゃるでしょう。自分でも
少し時代がかっているなと感じますが、敢えてこう書きます。

 既にご存じの方も多いでしょうが、声優の市川治さんが先日逝去され
ました。

 スパロボでは「超電磁ロボ コン・バトラーV」のガルーダ、「機動戦士
ガンダム 第08MS小隊」のノリスなど、多数の役でご参加いただきまし
た。

 私が市川さんの存在を初めて強く意識したのは、「超電磁マシーン 
ボルテスⅤ」のハイネルでした。最終回、真実を知ったハイネルの苦悩。
健一との決戦。そして、最期の台詞「お父さん……!」

 「コン・バトラーV」のガルーダの最期も衝撃的でしたが、ハイネルの
散り様、そして市川さんの演技は、まだ子供だった私に強烈な印象を残し
ました。

“永遠のプリンス”の続きを読む

本当にお疲れ様でした

40歳で帰らぬ人になってしまうなんて、ホント残念です(涙)。
オレと同じ歳ですよ? 早すぎます(>_< ) 初めて嶋崎さんにお会いしたのが、
このスパログ立ち上げの顔合わせの時でした。
その時からしばらくは、結構年上だと思ってたんですがね(苦笑)。
で、スパロボトークキャラバンの時に、話の内容から、もしかして同世代?と感じ、
キャラホビの時にはスタッフの一人から年齢を聞き出し、
【ため】という事が発覚したのでした(笑)。

“本当にお疲れ様でした”の続きを読む

2006年3月31日

2006年3月31日

私が初めて嶋崎さんとお会いした日でした。

スーパーロボット大戦のブログ、「熱血!必中!スパログ」の新企画で
`今までスパロボに縁の無かった女の子にスパロボをプレイしてもらいスパロボ色に染まってゆく過程を見せたい´というものでした。

面接をして頂いた嶋崎さんに、
スパロボ好きな弟の話やライジンオーの話をしたら
とても喜んでくださったのを覚えています。

先日、嶋崎さんの通夜祭に参列させて頂きました。

沢山の人で溢れ、嶋崎さんの創りあげた沢山の作品で溢れ、嶋崎さんの写真で溢れ。

そこには嶋崎さんの世界がありました。

嶋崎さんの創ったPVが流れるモニターの前でなぜか涙が止まらなくなりました。

あれもこれもそれも、誰が創ったものか深く考えず見ていたものばかりで。

嶋崎さんは初めてお会いした時から、
全く無名の私にもとても丁寧に接してくださいました。

あまりにも丁寧ですし、ご自分のお話はなさらない方だったので、
かなり長い間なぞの人でした。

嶋崎さんがどんなお仕事をなさっているのか、
どれだけ凄い方なのかわかったのは本当にここ一年の話です。

スーパーロボット大戦Zの特典ディスクの台本(冒頭で絶叫マシーンに飛ばされる相沢・・等)を書いて下さったのも嶋崎さんでした。

ライジンオーが好きな私にスーパーロボット大戦GCを奨めて頂き。

世界名作劇場が好きだと話したら、
「ターンAガンダムから観はじめてみては?」と提案してくださいました。

まるでスパロボのソムリエですね。

“2006年3月31日”の続きを読む

お久しぶりです。置鮎龍太郎です。

年頭のご挨拶をしなければいかんところですが、
まずは嶋崎さんのことについて。

ご自身から病状のお知らせもありましたし、
ブログをご覧の皆様も心配なさっていたことと思います。
年末からの回復状況は私も日記にて知っていただけに、
非常に残念でなりません。
年齢的には全く同年代なんですよ、僕。

話しは遡ります。

4月のスパロボ感謝祭、
6月には「スパロボZ」特典用感謝祭コメンタリー収録など、
2006年にスパログで初めて嶋崎さんとお仕事をしたことを考えれば、
去年はよくお会いしていたんだなと思います。
8月3日に渋谷シダックスホールにて行われた
スパロボト-クキャラバンにて再会。
その頃のご本人の記録で、体調がかなり芳しくないことは存じていましたが、イベントでは元気に登場。
こういうお仕事でご一緒したのは初めてだったのですが、
僕、寺田さん、緑川さんも含め、完全同世代な4人。
スパロボ的な話しで盛り上がらないハズもなく、大成功のうちに終了。

約1ヵ月後、キャラホビ2008「スパロボZ」のステージでもご一緒する機会を得ました。
これも2日間、たくさんの観客の方々に来ていただき、大盛況。
詳しい検査を受けての結果待ちの時期だと記憶しています。

その後入院。

“お久しぶりです。置鮎龍太郎です。”の続きを読む

嶋崎さんへ

斎藤アイコン

嶋崎さんがいなければ
スパロボに関わっている自分もエリンギもいなかったんです。

言葉にしてしまうと薄っぺらになってしまいますが、
本当にありがとうございますと伝えたいです。
感謝してもしきれないこの気持ちをどこにぶつけたらいいか…
胸が痛いです…

“嶋崎さんへ”の続きを読む

それでも人は生きていく

 こんばんは。寺田です。

 だいぶ前の話ですが、「スーパーロボット大戦64」のPVについて
打ち合わせをしている時に……

 「64と六神をかけて、PVに『64合体!』というコピーを入れる
のはどうでしょう」

 ……などと言い出した人がいました。

 それが嶋崎直登さんです。

 「64合体」の元ネタは、かの「六神合体ゴッドマーズ」。確か、
プレテ用の映像か何かがあって、嶋崎さん自らがゴッドマーズOPの
ように「ロクヨーン! 合体!」と叫んでました。「只者やないな」と
思いました。

 残念ながら、その案はボツとなったのですが、「この人は俺と同じ
生き物かも知れない」と確信しました。

 そこら辺から、私と嶋崎さんの長いお付き合いが始まったわけです。

“それでも人は生きていく”の続きを読む

訃報


こんにちは、広報Wです。

非常に残念なお話です。

昨年9月より闘病されておりました、
嶋崎さんが昨年末に亡くなられてしまいました。

言葉では言い表せない深い悲しみでいっぱいです。

この“スパログ”でもたくさんの応援メールを頂いておりました。
皆様へのご報告が遅れました事、お詫び申し上げます。

“訃報”の続きを読む

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。
 今年もスーパーロボット大戦をよろしくお願い致します!

 さて、色々とご報告しなければならないことがあるのですが……
故あって、それは後々の機会にて。いつも通りに行きます。

 話を変えまして。

 この年末年始、皆さんはいかがお過ごしでしたか? 私は色々あって
結局帰省できませんでした。よって、自宅にて仕事&ゲーム&プラモ他。

 その中で思い出深かった(?)のはDX超合金メサイア(注;スパロボ
新作の前フリではありません)。あの密度は凄いですね。

 プラモデルの方も機首・翼・両脚までは組んだのですが、壽屋さんの
ビッグ・ダイゼンガーや赤くてゴツい奴という宿題もあってなかなか進行
せず……DX超合金の方で一足先に変形を実体験しました。肩まわりの
変形はああなっていたのかぁ……ふむふむ。

 変形と言えば、超合金魂で開発中のダイゼンガー&アウセンザイター。
年末に彩色済みの原型を監修しました。こちらも物凄いことになってます。
両機とも以前の原型に比べて格段に格好よくなりました。ああ、これ以上
はまだ言えない! 続報は模型誌などでチェックしてみて下さい。

 あとは、「ガンダム無双2」をやってました。OPのサイコ・ガンダム、
デカ過ぎない?(笑) 本編の方はビグ・ザムのキックがトラウマになり
ました。

 遊んでいるだけでなく、仕事の方もやっておりまして……3月発売予定
の「スーパーロボット大戦Zスペシャルディスク」に未発表のモードが
あるんですが、これが「Z」のコンテンツを使用しつつも、一風変わった
ものでして。

 全部見ると、とにかく長い! 近日中にチェックしなければならないん
ですが、まだ全部見終わっていない! 暇つぶしにはいいかも……の
新モードです。

 余談ですが、正月三が日の間にキッチリ風邪をひきました。ですが、
仕事明け前に復活している自分が頼もしいというか、何というか。
おかげで、楽しみにしていた箱根駅伝がややうろ覚えでした。